安積高校合唱部の日記です。ちなみに記事の下のほうにある手のボタンは「拍手」です。拍手してくれると管理人がこっそり喜びます。こっそり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前夜
いよいよ明日、そう、明日です。

ちなみに今、いわきの宿舎から携帯で更新しております。

もうここまで来てしまったからには、今までの練習を信じて、自分のすべてを出し切るつもりで歌うしかありません。

・・・気合い入れていきます。
スポンサーサイト
フツカマエ
大会2日前です。出発前日です。

またもや直前になってしまいましたが、

そして唐突ですが、

大会の曲目を紹介させていただきます。


 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


▽女声 演奏順 3
      課題曲 F1 Duo Seraphim clamabant
                    (Tomàs Luis de Victoria 曲)
      自由曲 Vandrestjerner
                  (Steinar Eilsen 曲)


▽混声 演奏順 15
      課題曲 G2 Rukous
                (Toivo Kuula 曲)
      自由曲 Cantate Domino
                (John Rutter 曲)


▽男声 演奏順 32
      課題曲 M1 Gloria
               (Josquin des Prez 曲)
      自由曲 「Laudes de Saint Antoine de Padoue」
                      (Francis Poulenc 曲)より
           1, O JESU
           2, O PROLES
           4, SI QUÆRIS
 

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・・・ところで、県合唱連盟の発表もありましたが、今流行しているインフルエンザの感染拡大防止のため、今回の県大会は全日程非公開で行われます(号泣)。
皆さんも、インフルエンザにはお気を付け下さい。ほんとに。


ということで、大会がもう、すぐそこまで来てしまいました。明日の昼ごろ、いわきへと旅立ちます。ここからは、気合と、体調と、集中力が大切。ということで、

僕もそろそろ寝たいと思います。

あ、むこうに着いてから、ひょっとすると携帯から更新するかもしれません。





大会まで一週間・・・
おひさしぶりです。
ちょっとした私情により、しばらく更新できなかったデス。申し訳ない。

そうこうしている間に合唱団は「THE・大会シーズン」に突入し、目の前に迫った県大会へと全力疾走しております。

では、夏休みの活動の諸々のお話を。

まず8月に入ると、いろいろな講師の方にレッスンをしていただきました。120期のT谷先輩に始まり、高橋啓三先生、雨森文也先生、藤井宏樹先生、松原千振先生と、それはそれはものすぐぉいメンバーで(・ω・;)
やっぱりレッスンを受ける前と後では、全っ然違いますよ。もう、感謝、感謝です。

それから、夏といえば・・・そう、夏合宿。
今回の合宿は11日~15日の4泊5日で行われました。朝食→練習→昼食→練習→夕食→練習というまさに合唱漬けの内容で、さらに4日目には、声楽家の佐藤淳一先生にレッスンをしていただきました。非常に充実していて、中身が濃くて、みんな自分たちの音楽づくりに没頭することができたと思います。
そして・・・練習日程をすべて終えた4日目の夜、みんなで、花火をしました\(゜∀\)(/∀゜)/ヤホーイ
きれいでしたよ・・・。そして、星がすごい。空一面、ぶわぁぁぁって、星ですよ。感激です。でも、途中からは花火そっちのけで皆で歌ってましたね(笑) 合唱っていいな、って思いました。
そして最終日、恒例のスポーツ大会。バレーボールとフリースローをしました。みんなの輝く汗、とってもステキでした。さわやかでした。

さて、こういったレッスンや合宿といったものを通し、曲たちをじっくり見つめる、ということをしていると、なんだか「歌う喜び」っていうものが見えてくる気がしますね。いい賞をとるため、ではなく、そんな「歌う喜び」をいっぱい感じるため、という、そのための大会にすることができたら、幸せだと思います。
ってな感じで、まずは県大会、全身全霊でぶつかっていけるよう、
・・・がんばります。

ではまた。




・・・県大会が近い、ということは、僕たちの管理人の役目もあとわずか、ということですね。あぁ、はやいはやい。っていうか、僕たち、更新がものすごく少なかったですねぇ(←いまさらw)。ごめんなさい。
四連@福島県音楽堂
こんにちは。
いやぁ、夏です。夏休みです。宿題の嵐です。
暑かったり雨だったりな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

さて、7月25日(土)、福島高校さん主催での、福島高校・会津高校・磐城高校・安積高校の第6回四校連合定期演奏会がありました。

まずはエール交歓。自分たちの校歌を披露です。

続いて、各高校のステージ。安積高校が歌ったのは、
モーツァルト作曲「ミサ・ブレヴィスKV194」より
・Kyrie
・Gloria
・Credo
・・・なんの因縁か、僕が中学校のアンコンで歌った曲です。
弦楽とのコラボということで、貴重な経験になったと思います。

そしていよいよ、合同演奏です。
最初は男声。
千原英喜作曲・「おらしょ カクレキリシタン3つの歌」より Ⅱ 
を歌いました。この曲をあの大人数で演奏することができて、個人的にとても感激です。
 
次に女声。曲は
三善晃作曲・「木とともに 人とともに」より 空
三善晃×谷川俊太郎の独特な世界観が、見事に表現されていました。

最後は混声。歌ったのは、
鈴木憲夫作曲・「祈禱天頌」より 第3章 マツリ マツル 
です。壮大なスケールのこの曲を、総勢約170人という特大合唱団が歌い上げるという、まさに圧巻のステージとなりました。
そしてアンコール、映画「魔女の宅急便」より めぐる季節 を歌い、あたたかい拍手の中、演奏会は幕を閉じました。

四連が終わると、続いて福島高校の定期演奏会。バラエティに富んだステージ内容で、とても楽しませていただきました。アンコールで涙を流しながら歌う姿を見て、ついこっちまで泣きそうになっちゃいました。

やはり、みんなで歌うっていうのは非常に楽しいですね。合唱の楽しさ・喜びを改めて体感することができました。来年の第7回四校連合定期演奏会はなんと、僕たち安積高校が主催校となるので、最高のステージにすることができるよう、気を引き締めていきたいと思います。



定演3日前!!
あっっっっという間に時は過ぎ、本番は今週の土曜日でございます。はい。
合唱団は今、最後の仕上げにとりかかっております。はい。

・・・で、すっかり忘れていたのですが、ここで、定演のステージの内容をご紹介させていただきます。「3日前にそんなの発表されても・・・」な感じがムンムン漂っておりますが、いきます。
曲名/作曲・編曲です。

第Ⅰステージ
・生きる/三善晃
・虹/木下牧子
・Turkisches Schenkenlied/メンデルスゾーン
・八木節/松下耕
・ばら/松下耕
・I GOT RHYTHM/Ward Swingle
・HYMN OF THE TRAVELLERS/Gustav Holst
・ヒスイ/信長貴富

~休憩~

ポップスステージ♥

~休憩~

第Ⅲステージ
・Rukous/Toivo kuula
・Duo Seraphim clamabant/Tomas Luis de Victoria
・Follow Me Down to Carlow/PERCY.FLETCHER
・Salve Regina/KOCSAR Miklos
・Ballade von eifersuchtigen Knaben/Alfred Koerppen
・Gloria/Josquin des Prez
・MILESTIBA/Imants Kalnins
・Ride On,King Jesus/MOSES HOGAN

・・・・・掲載が遅れてしまい、本当に申し訳ないです。これまで部員一同、この定期演奏会を成功させるため、死力を尽くしてまいりました。お客様の心に僕たちの「歌」を届けることができるような演奏をしたいと思いますので、応援よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。