安積高校合唱部の日記です。ちなみに記事の下のほうにある手のボタンは「拍手」です。拍手してくれると管理人がこっそり喜びます。こっそり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌い納め♪
今日は世間一般では『仕事納め』という日なわけですが・・・
私達安高合唱団は毎年恒例『歌い納め』という儀式でした((笑

学年・男女ごとで選んだ曲を歌いあったのですが、私達1年混声は『ふるさと』と『虹』を歌いました。
また、最後に全員で何を歌うかという話になり・・・
「チェリー」「仮面舞踏会」「JŪRAI」「君が代」などいろいろな意見が出て
皆で輪になって仮面舞踏会を熱唱し、歌い納めました。

さて、次はスポーツ大会です。
ほとんどの人がジャージに着替え、体育館でバスケと恒例のパート別フリースロー大会を行いました。
しかし、このフリースロー大会。今まではソプラノ、メゾ、アルト、トップ、セカンド、バリトン、ベースと7パートでやっていたのですが・・・
今回は男声過疎化現象によりソプラノ、メゾ、アルト、テナー、ベースと5パートでやりました。

そして注目の1位は・・・・・・3勝2敗でテナーでした!!
また、2位以下は2位:ソプラノ 3位:メゾ 4位:アルト 5位:ベースという結果なりました。
テナー強いですね!でもアルトはテナーに勝ったんですよφ(.. )

はい、そんなこんなでもう今年も終わりです。
来年も安高合唱団をよろしくお願いします!それでは皆さん。よいお年を☆
スポンサーサイト
..・.+゜;.゜.・★☆メリークリスマス♪☆★・.゜.;゜+.・..


…でしたね。僕には全く関係ありませんでしたが。折角寒いんだから、もうちょっといろんな意味であったかくなってみたかった気もしますけどね。夢物語ですか、ふぅん。

ということで、だいぶ間が空いてしまいましたがアンコンも無事終了。結果は下記事の通りです。それぞれで色は違えど、3団体全てが賞を頂けました。応援してくださった方々に心よりお礼申し上げます。

さて、オフシーズンに突入……ではないのです、これが。
なんと安高合唱団は、新年早々演奏を披露させていただけることになりました。それも1月中に2回もですよ!
僕らにとっては、演奏を聴いてもらうことでたくさんの人に喜んでもらえることこそが一番の幸せです。ボランティアコンサートの時、心の底から改めてそれを実感しました。
だからそのチャンスが多く得られるということは、とても嬉しいことなのです。それはもう、飛び上がりたいくらい。

1月9日に朝河貫一博士のイェール大学在職100周年を記念して行われる、イェール大学男声合唱団のコンサートにゲストとして出演させていただけるので、今はそれの練習をしています。ラトビア語の作品(またかよ、とか言わないように…)を4曲、日本語の作品1曲を演奏する予定です。また、このイェール大学男声合唱団は、アメリカ国内でも古い歴史を持ち、演奏も国内最高レベルと言われているそうです。間近でそんな演奏を聴けると思うと、今から楽しみです!
ですが、僕らもそんな彼らに負けない演奏を目指したいと思います。皆さんに、熱い思いを届けます!お時間があれば是非、足をお運びください。

あったかくなれないクリスマスももう終わるので、あとは年明けを待つのみです。
28日は歌い収め。恒例のスポーツ大会もあります。
今のうちに体力をつけておくのもいいでしょう。ただし体壊さない程度に。年越しくらい、あったかく迎えたいと思いませんか、ねぇ?
なんだ そのフリは、
はい、こんばんわ。122期男声管理人のふひとです。

今回のアンコンを迎えるにあたって、僕たち122期男声が取った作戦は、正規部員5人という少ない人数を補うために、2人のお手伝いをお願いしました。日が浅いとは言え、確実に僕らの演奏のプラスになってくれました。

今回の結果は、銀賞ということです。この結果には、たぶん満足いかない僕たちです。僕たちの何が至らなくてこの結果になったのか、良かった点をそのままにして、反省すべき点を直して行きたいです。

そうやって変わって行った僕らの物語は、また次の機会にお見せします。

最後に、今回のアンサンブルコンテストで、安積高校のことを応援してくださった皆様に、心よりの感謝を申し上げます。
今日は
こんばんは。お久しぶりです(はじめまして)。
安積高校Bに出場した、みずほ@122期女声管理人です☆

今回私達の出番は混声や男声とかなり離れていて、混声も男声もうまくまとまっていて進歩の見える演奏だったので、少しあせりました。
個人的に心配だったのは音取りですよ…笑

私達122期にとって最後となったアンコンで、あの良く響く音楽堂で歌うのはやっぱり気持ちよかったです。
歌うのは楽しいなと本当に思いましたよ。
それと、今まで指導してくださった先生、そして先輩方へも感謝しなくては。

少人数という中で、普段感じることのできない難しさ、また楽しさ、苦しさ、いろいろあったと思いますが、振り返ってみるとそのどれもが今後の成長につながるものだと思います。
精神的にも技術的にも強くなるために無駄にしないようにしていきましょうね♪
もちろん、『合唱が好き』という思いを忘れずに。

それでは、ふひと~かっこよくしめてね★


アンコン終了!
ついにアンサンブルコンテストが終了しました。

さてさて、1番気になる結果のほうですが、
A(1年混声)・・・銅賞
B(2年女声)・・・金賞
C(2年男声)・・・銀賞

となりました。

きっと、満足した人や後悔した人、いろいろいると思います。
学ぶことも多くあったと思いますが、それをまた次へ次へと活かせるようにしたいですね。

土日は部活が無いのでゆっくり休みましょう・・・とは言えません。
朝から模試ですよ。頑張りましょう~(棒読み)

では、あとはみずほ先輩とふひと先輩お願いしますw
いよいよアンコンです
新体制になってから早くも2ヶ月が経ちまして。
遂に明日、アンコン当日を迎えます。

練習を始めてから今まで、多くのことに気づき、お互いに意見を言い合いながら、その演奏をより良いものにしていこうと各チーム努力してきたと思いますが、明日こそがまさにその成果を問われる時。

1年生にとっては、これが先輩の力を借りないで臨む初めての大会であり・・・
2年生はとっては、これが自分達の代で歌える最後の大会でもあるのです・・・!

こう書くと、何だか緊張してきませんか?
でもステージに立ったら、もうそんな緊張なんてナシです、ナシ。
何が言いたいかって・・・それはもうこの1点だけです。

 「思いっきり歌う!」

聴衆の人たちに熱いメッセージを伝えたいなら、自分達の表現する歌に真正面から向き合って、ありったけの思いを込めて歌ってくればいいのです。それはもう、悔いの残りようがないくらいに。

もうホントにそれだけです。これしか言えそうなことが見当たりません。ベタな話ですが。
いままでやってきた練習は決して無駄になることはないと思いますので、自分を、一緒に歌ってきた仲間をただ信じて、頑張りましょう!

拙文申し訳ないです。熱くなりすぎた故。

あと10日ですって
今日は、アンコンに向けて各チームの中間発表でした。

現在各チームで練習している曲は、

(A)1年混声
『AIZEJ, LIETIŅ』 曲:Ilona Rupaine
『Cantate Domino』 曲:Vytautas Miškinis

(B)2年女声
『MELODIJAS』 曲:Pētenis Barisons
『Lauda Sion』 曲:György Orbán

(C)2年男声
『Fabel vom Kuckuck und der Nachtigall』 曲:Alfred Koerppen
『Dulamán』 曲:MICHAEL McGLYNN

です。

忙しい中、3年生の皆さんにも来てもらい、各チームごとに講評をいただきました!
私達1年生は「もっとリラックスして」とか「口を大きく」など、基本的なこともたくさん指摘されてしまい、まだまだだなぁと感じますね。
本番まであと10日!!今よりもっと×∞上手くなって、音楽堂のステージに立ちたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。