安積高校合唱部の日記です。ちなみに記事の下のほうにある手のボタンは「拍手」です。拍手してくれると管理人がこっそり喜びます。こっそり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当、県大会お疲れでした
県大会が終わりました。
結果は前記事にある通りで、残念ながら上の大会に進むことは叶いませんでした…

と、暗い雰囲気は嫌いなので前を向こう。前向きに振り返ってみようか。

今大会では惜しくも東北大会への切符は逃してしまいました。しかし、歌い終えた合唱団の感想としては「楽しかった」。このメンバーで一歌団走(RUN)しきったので私には悔いはありません!

勿論、東北大会に行けたらそれに越したことはありません…しかし「楽しかった」と言える演奏はなかなか無いし、音を楽しむのが音楽ですから、「楽しかった」と言えたことの価値は大きいと思うのです。…個人的には音楽を競技にするの間違ってるとおm(ry

とにかく!目の前にある紫旗祭の発表に向けて合唱団は走ります!!くよくよと立ち止まってなんかいられません、走ります!!あれ?文章まとまらない!!


…どうも、2人目の新管理人Yです。被ってるなんて気にしちゃ駄目ですよ。本当はもう筆名で良いよと言われましたが気がひけたので…低音万歳なalt.2やってる一年生です。えぇ、他に2つ部活を兼部してるアイツですとも。
パソコン係ですがこの記事、携帯からお邪魔させて頂いてますスミマセン。更新はマメにやりたいです。いやマメにします…パソコン係が影薄いだなんて言わせないよ(笑)

なんか変なテンション…;取り敢えずこれから宜しくお願いしますね。
スポンサーサイト
県大会お疲れ様でした
県大会、終わってしまいましたね。

…先に結果を述べてしまいますと、女声が銅、そして混声までもが銅と、3団体そろっての東北出場を目指してがんばってきた僕らには正直、非常に信じ難いものでした。
さらに混声は銀賞の最下位と点数がまったく同じという…

もっとこうしていれば…… なんて絶対に考えたくないんですけど、悔しいです、やはり何というか、無念で、はい
1年生とはいえど、この結果には自分自身にも責任を感じます。

しかし、もう終わってしまったことをいつまでも後悔していても仕方ありませんね。これが現実です。しょうがないんです。
結果はどうあれ、やはり歌っているときはとっても楽しかったですしね。今まで日々の練習や合宿でやってきたことは決してムダではなかったハズです。

来週にはもう、124期を中心に、新体制での練習が始まることと思いますが、反省するところはしっかり反省し、これからへとつなげていきましょう。

っとその前に、あさっては紫旗祭最終日ってことで、合唱の発表もありますね。多分これが3年生との最後のステージになると思うんで、心をこめて歌いましょう


あっ、そうそう、僕はこの度125期新HP管理人になりました、Yです。
どうも初めまして。  ちなみにパートはBassです。
できるだけ記事・内容ともにたくさん書けるよう努力したいと思いますので、応援よろしくお願いします




前夜
いよいよ明日、そう、明日です。

ちなみに今、いわきの宿舎から携帯で更新しております。

もうここまで来てしまったからには、今までの練習を信じて、自分のすべてを出し切るつもりで歌うしかありません。

・・・気合い入れていきます。
フツカマエ
大会2日前です。出発前日です。

またもや直前になってしまいましたが、

そして唐突ですが、

大会の曲目を紹介させていただきます。


 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


▽女声 演奏順 3
      課題曲 F1 Duo Seraphim clamabant
                    (Tomàs Luis de Victoria 曲)
      自由曲 Vandrestjerner
                  (Steinar Eilsen 曲)


▽混声 演奏順 15
      課題曲 G2 Rukous
                (Toivo Kuula 曲)
      自由曲 Cantate Domino
                (John Rutter 曲)


▽男声 演奏順 32
      課題曲 M1 Gloria
               (Josquin des Prez 曲)
      自由曲 「Laudes de Saint Antoine de Padoue」
                      (Francis Poulenc 曲)より
           1, O JESU
           2, O PROLES
           4, SI QUÆRIS
 

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・・・ところで、県合唱連盟の発表もありましたが、今流行しているインフルエンザの感染拡大防止のため、今回の県大会は全日程非公開で行われます(号泣)。
皆さんも、インフルエンザにはお気を付け下さい。ほんとに。


ということで、大会がもう、すぐそこまで来てしまいました。明日の昼ごろ、いわきへと旅立ちます。ここからは、気合と、体調と、集中力が大切。ということで、

僕もそろそろ寝たいと思います。

あ、むこうに着いてから、ひょっとすると携帯から更新するかもしれません。





大会まで一週間・・・
おひさしぶりです。
ちょっとした私情により、しばらく更新できなかったデス。申し訳ない。

そうこうしている間に合唱団は「THE・大会シーズン」に突入し、目の前に迫った県大会へと全力疾走しております。

では、夏休みの活動の諸々のお話を。

まず8月に入ると、いろいろな講師の方にレッスンをしていただきました。120期のT谷先輩に始まり、高橋啓三先生、雨森文也先生、藤井宏樹先生、松原千振先生と、それはそれはものすぐぉいメンバーで(・ω・;)
やっぱりレッスンを受ける前と後では、全っ然違いますよ。もう、感謝、感謝です。

それから、夏といえば・・・そう、夏合宿。
今回の合宿は11日~15日の4泊5日で行われました。朝食→練習→昼食→練習→夕食→練習というまさに合唱漬けの内容で、さらに4日目には、声楽家の佐藤淳一先生にレッスンをしていただきました。非常に充実していて、中身が濃くて、みんな自分たちの音楽づくりに没頭することができたと思います。
そして・・・練習日程をすべて終えた4日目の夜、みんなで、花火をしました\(゜∀\)(/∀゜)/ヤホーイ
きれいでしたよ・・・。そして、星がすごい。空一面、ぶわぁぁぁって、星ですよ。感激です。でも、途中からは花火そっちのけで皆で歌ってましたね(笑) 合唱っていいな、って思いました。
そして最終日、恒例のスポーツ大会。バレーボールとフリースローをしました。みんなの輝く汗、とってもステキでした。さわやかでした。

さて、こういったレッスンや合宿といったものを通し、曲たちをじっくり見つめる、ということをしていると、なんだか「歌う喜び」っていうものが見えてくる気がしますね。いい賞をとるため、ではなく、そんな「歌う喜び」をいっぱい感じるため、という、そのための大会にすることができたら、幸せだと思います。
ってな感じで、まずは県大会、全身全霊でぶつかっていけるよう、
・・・がんばります。

ではまた。




・・・県大会が近い、ということは、僕たちの管理人の役目もあとわずか、ということですね。あぁ、はやいはやい。っていうか、僕たち、更新がものすごく少なかったですねぇ(←いまさらw)。ごめんなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。