安積高校合唱部の日記です。ちなみに記事の下のほうにある手のボタンは「拍手」です。拍手してくれると管理人がこっそり喜びます。こっそり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本番を前に
こんばんは。
実は第33回定期演奏会副定演長のDoです。実は。

前の記事で雌蟻様がおっしゃっていたように、我々126期PC係の記事は
これで最後となります。悲しいものです。


ところで記事の右の方にある、Written byの欄を見てみましょう。

雌蟻さんの記事が27、私が6、とあります。
雌蟻さん、実に私の4.5倍の日記を著されております。
言い訳できるレベルじゃないですね。まかせっきりでした。
次の男声PC係にはきちんと助言しておきたいと思います。
反面教師ってやつです。きっとそうです。

さて、もうあと本番まで残すところ
混声まで約15時間、女声まで約17時間、男声まで約19時間となりました。
本番では、練習したことをフルに発揮し、ベストを尽くしてくるのみです。
風雅堂に私たちの全てを響かせるつもりです。


緊張のせいか目が冴えて眠くありません。
きっと他の団員も程度の差はあれど、緊張していると思います。
こんな私たちですが、明日、風雅堂にて、温かく迎えて頂ければ嬉しいです。


そろそろお暇させて頂きたいと思います。
拙い文章でしたがご愛読頂き、誠にありがとうございました。
新PC係による次回更新にどうぞご期待ください。


いってきます!!!
スポンサーサイト
大会2日前となりました
つまり、
明後日は県大会、
残された練習日はあと一日、
ということです。

○第65回福島県合唱コンクール
日時:平成23年8月26日
会場:會津風雅堂

安積高校
混声…No.20 13:45
女声…No.28 15:20
男声…No.37 17:05

ここで曲目の紹介をさせていただきます。

▽混声
課題曲 G1 O quam gloriosum
自由曲 Aba Po, Santa Mariang Reyna (Ryan Cayabyab作曲) (タガログ語)

▽女声
課題曲 F1 Lascia Filli mia cara
自由曲 Magos a rutafa (ラヨシュ・バールドシュ作曲) (ハンガリー語)

▽男声
課題曲 M3 冬・風蓮湖
自由曲 男声合唱のための「東海道中膝栗毛」より Ⅴ 岡崎五万石/東照公遺訓 (千原英喜作曲)


キーボードを打っている手が震えてきました。
緊張でもあり、不安でもあり、
そして楽しみでもあります。

我々第64代安高合唱団が始動して以来、
仲間と手を取り合って、
全力で突っ走ってきました。

仲間と過ごしたその一瞬一瞬に、
1人1人の色々な思いが込められています。
失敗、後悔、苛立ち、憂鬱、挫折などもあったかもしれません。

そんな思いを共有できたこと、
ぶつけ合えたこと、
そうして成長し合って、
一緒に音楽を作り上げてこれたこと、
幸せに思います。

明後日のステージでは、
この仲間と、この時に、この曲を歌えて本当に良かった、と思えるような、
そんな演奏をしてきたいです。

今まで流してきた汗を、
幸せの涙に変えられますように。

支援、応援して下さる方々への、
演奏を聞いて下さる方々への、
仲間への、
合唱への愛が、
届きますように。

頑張ってまいります!!!!!
[大会2日前となりました]の続きを読む
合宿終了!
こんばんわ。影の管理人Doです。

今日の夜は昨日に引き続き寒いですね・・・
我が合唱団でも顧問の鈴木先生に
くれぐれも風邪をひかぬようにと念を押されました。


さて、今回は夏合宿についての報告です。
例年通り、国立磐梯青少年交流の家にお邪魔してきました。
今年の夏合宿もいろんな意味で暑~い合宿となりました。

まず気温。
磐青にいたときの福島県の最高気温が36.7℃。
磐青は山の上に位置しており、練習も室内だったので
体感温度的にはこの温度よりも低かったと思うのですがやっぱり暑いっ。
自販機や売店の飲み物の売れ行きがものすごかったですね。特にお茶。

そして練習。
今年は震災の影響で春合宿が行われなかったため、
(磐青は被災者受け入れの施設に指定されていました。)
例年以上に夏合宿に力を入れました。
ミーティングも重ね、朝昼夜と一日中、合唱に精を出しました。


こうして4泊5日の合宿を終え、県大会まで残すところあと一週間を切りました。
部員一人一人の緊張が日に日に増しているように感じます。

安積合唱団はもう最終調整段階に入りました。
まだまだ至らない部分はありますが、私たちはベストを尽くすのみです。
県大会にて、いい結果を残せるよう、応援よろしくお願いします。


最後に一つ、お知らせがあります。

県大会の課題曲と自由曲は、都合により
大会2日前に当ブログにより発表させて頂きます。
ちなみに、形態は去年と同じく混声、女声、男声の三形態で出場します。
お待ち頂いていた方々には申し訳ありません。今しばらくお待ちください。



・・・寒すぎて鳥肌が立ってきました。
さっさとお風呂に入って寝たいと思います。

それでは失礼致します。
大会まであと17日をきりまして…
夕方の激しい雷雨に脅えながら、
あの熱雷をどうにかして有効活用できないものか、
などと考えるこの頃です。


さて、7月31日は、
會津風雅堂にて、
第8回四校連合定期演奏会がありました!

エール交歓では、
初めての第64代安高合唱団での校歌を歌い、
各高校のステージでは、
「とむらいのあとは」、「Magnificat anima mea」、
の2曲を歌わせていただきました。

そして四校合同ステージでは、
男声は「上を向いて歩こう」、「宇宙戦艦ヤマト」、
女声は「Amazing grace」、
混声は「大地讃頌」を合唱しました。
なじみ深い曲だけに、
曲に込められた思いや歌う楽しさを改めて感じることができました。

その後、
会津高校さんの定期演奏会で楽しませていただきました!
私たちのよく知る曲や、
ミュージカル形式の「シンデレラ」、
そして最後のステージでは感動を届けていただきました…。
1曲1曲丁寧に、そして楽しんで幸せそうに歌っている姿、
合唱って良いな、
という思いが自然と浮かび上がってくる演奏会でした。

会津高校の皆さん、ありがとうございました!!


さてさてそして、5日後の8月4日は、
再び會津風雅堂にて、
ふくしま総文の総合開会式に参加させて頂きました!

開会式第3部の演劇「福島からのメッセージ」では、
総勢350人で構成劇を作り上げました。
ちなみに私達合同合唱団は‘磐梯山’の役でした。

佐藤賢太郎さん(通称ケンPさん)や武満徹さんの曲を、
劇中歌として歌いました。
聞いて頂く方々にメッセージを届ける曲なのですが、
歌っている私達が元気づけられるほど、
とても良い曲です。

作曲家の方々の思い、そして私達の思い、
少しでも表現できていれば、幸いです。


風雅堂での2つの行事、
どちらも貴重な経験となりました。

機会を設けてくださった方々、
本当にありがとうございました!!


これから、講習会や合宿、大会と、
私たちの合唱をより良いものとするために、
大切な事が沢山あります。
1つ1つに全力で取り組み、
そして、
吸収できることをぱんぱんに膨れるまで吸収したいと思います!

今年の夏は、アイスより愛す!
合唱を愛し、
愛のある合唱を届けたいです!!


それでは、この辺で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。