安積高校合唱部の日記です。ちなみに記事の下のほうにある手のボタンは「拍手」です。拍手してくれると管理人がこっそり喜びます。こっそり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
県大会
初めまして!123期の新管理人Rです。

パートはバリトンなんですが…、現在人数不足を理由にベースに派遣されています。つまり今自分は「本籍はバリトンでも事実上ベース」という、とても微妙な位置にいるわけです。来年には本籍もベースになるかもしれません。はい、ということで宜しくお願いします。

それでは、本題に移りましょう。

結果は混声、女声がそれぞれ金賞、銀賞で県大会を突破。
しかし男声のほうは銅賞で、東北大会への出場は果たせませんでした。

3団体のうちどれかが東北大会にに行ければいいという考えでは全くなく、3団体全てが東北大会へ行くために毎日本気で練習してきました。

だから、本当に、本当に悔しい。男声の曲はもうステージで歌うことができないんだな、と思うとやりきれない気持ちで、とても胸が苦しくなります。目標を達成できず、お忙しい中指導してきてくださった先生や、一緒に練習してきた先輩方に対しては罪悪感のようなものさえ覚えました。

男声の中には、みんなの前では涙をこらえていたけれど、帰ってから思わず泣いてしまったって人もいたかもしれません。僕はそうでした。

でも、くよくよしっぱなしではいけないようです。
混声は「金賞」だったんですから!男声は混声の練習に力を入れなければなりません。

しかも男声は女声の2倍、混声の曲を練習できちゃうわけです。青森の本番まであと4週間あります。課題もたくさん残ったと思いますが、それを改善していく時間は十分にあります。

ですが、ただ今の2倍練習するのではなく、10倍、100倍、もっともっと強い気持ちを持って練習していくのが大事なんだと思います。

男声のみならず、女声の人たちにも言えることだと思います。

残りの時間をできる限り有効活用して、県大会のときよりも更に精錬された、究極の演奏が東北大会でもできるように頑張っていきましょう。

目指せ全国!d(`・ω・´)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。